そもそも社会保険とは?

社会保険制度とは、国(厚生労働省)が管理監督者となって行っている社会保険事業で、病気、ケガ、身体の障害、死亡、老齢、失業などが起きたときに、保険制度の加入者やその家族に対して保険給付を行い、生活を保障する制度です。

社会保険制度は、雇用保険、労災保険、健康保険(介護保険)、厚生年金保険など様々なものがあります。 これら全てを総称して広い意味で「社会保険制度」と言っています。

狭い意味では雇用保険と労災保険を併せて「労働保険」と言い、年金保険である厚生年金保険と医療保険である健康保険(介護保険含む)のことを「社会保険」と言います。

医療保険としての健康保険は、加入者とその扶養者の仕事上以外のケガや病気、死亡、出産に対して保険給付を行い、加入者の生活の安定を図ることを目的としています。

年金保険としての厚生年金保険は、加入者の老齢・障害・死亡に対して一時金又は年金給付を行い、加入者及びその遺族の生活の安定と福祉の向上を図ることを目的としています。