cf9522e85b13257fc1e0a159673eed01_s雇用保険の被保険者証についてご質問がありましたので、まとめていきたいと思います。

 

雇用保険被保険者証が無い人は意外に多い

新しい会社に入社する際に、前職がある方は、新しく入社する会社から「雇用保険被保険者証」を持ってきてくださいといわれると思います。
そのときに、雇用保険被保険者証を以前勤めていた会社からもらっていないか、無くしてしまったというケースは意外と多いです。私の感覚的には3割くらいの方が持っていない感じです。
もちろん、前職を退職後に失業給付を受給するために、雇用保険の離職票を発行してもらっていれば、雇用保険被保険者も必ずもらっているのですが、前職を退職して、すぐに別の会社に再就職した場合などは、被保険者証をもらっていないことが多いです。

雇用保険加入手続に必ずしも被保険者証は必要ない?

社会保険の手続きを行う立場から言わせていただくと、実は、雇用保険の加入手続に、雇用保険被保険者証は必ずしも必要ではありません。その方の、被保険者番号が例え分からなくても、雇用保険資格取得届に、前職の会社名といつからいつまで勤めていたかを明記すれば、ハローワークのほうで調べてくれるからです(名前、生年月日、前職の履歴で照会してくれます)。
ただ、年金手帳の説明の際にも書きましたが、会社から言われた物が無いというのは、会社への心象を悪くするのではないかと考える方も見えるようなので、どうしても被保険者証がほしければ、前職の会社にその旨を伝えるか、あるいはご自身で再発行手続きをとることも可能です。
再発行手続きは、最寄のハローワークで簡単に行うことができますので、時間がある方は、ハローワークに身分証明書と印鑑を持って再発行を行ってください。